建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


錣(屋根)(しころ:やね)

 錣(しころ)とは、兜や頭巾などの下部に布や縅などを垂らし後頭部を保護する覆いのことで、建築では板に段をつけて並べた鎧板(よろいいた)のことを錣板(しころいた)ともいう。

 大から先まで一枚の面ではなく、一段の区切りをつけて、すぐその下から軒までを葺く屋根の形式である。寺院建築でも古い形式の屋根である。
 切り妻の屋根の4方向に、葺き下ろしの屋根を付けたものと解釈されることがあるが、東大寺念仏堂のように寄せ棟の屋根にも用いられている。切妻を上部に用いた場合は、入母屋造の屋根と同じような外観となる。

広告
TAKUMI Amazonへ