建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


敷地延長(しきちえんちょう)
 建物がたつための土地を敷地というが、接道義務をみたすことを目的として、道路に接するために敷地を延長して細長い部分を作ることがあり、この部分を<敷地延長>または<敷延(しきえん)>とか、路地状引込みと呼ぶ。

 細長くて道路のようでも、あくまで敷地内であるので、この部分を含めて敷地として扱い、建坪率容積率の計算を行う。こうした敷地全体を、旗竿状の敷地ともいう。
 東京都では20メートル以上敷地延長する場合は、3メートルの接道幅が必要になる。下の図の赤い部分が、敷地延長した部分である。
広告
TAKUMI Amazonへ