建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


芯去材(しんさりざい)
 年輪の中心を外して製材した材のこと。

 通常のは、1本の丸太の四面を落として、正角材としたものであるため、樹芯をもっている芯持材である。それにたいして、柱材が何本も取れるような太い丸太において、樹芯をさけて製材すると、年輪の芯のない柱材が取れる。これを芯去材という。
 大木(=老木)でないと、芯去材の柱はとれないため、芯去材は高価である。しかし、老木であることと、芯がないために、曲げ強度は落ちる。
 芯去材は下の図のように木取るため、柾目がでる確率が高い。
広告
TAKUMI Amazonへ