建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


充填断熱(じゅうてんだんねつ)、内断熱(うちだんねつ)
 グラスウールを使った断熱方法で、以前から使われていたと柱のあいだに断熱材を入れる方法。

 外壁部材と内壁部材のあいだに、グラスウールを詰める工法である。かつては50ミリ厚さのグラスウールを室内側に使って、下の図の左図のように屋外側を通気層にしていた。しかし、断熱性能を上げるため、100ミリのグラスウールを使うようになり、右図のように通気層がなくなってしまったことから、壁内結露が生じるようになった。

 壁内結露を防ぐためには、室内側に防湿シートを張って、壁内に湿気が浸入しないようにすれば良い。コンセントの穴廻りなどを、しっかりと防湿処理すること。

 スタイロ フォームを使った外断熱(外張断熱)が、普及してきたので、区別のために内断熱とも呼ばれる。 
広告
TAKUMI Amazonへ