建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(しま)
 鴨居敷居などの溝と溝に挟まれた部分。ともよぶ。

 東京近では、障子などの木製建具のためには、47(ししち)の溝が突かれることが多く、7分(21ミリ)の溝に4分(12ミリ)の島となる。ここに1寸(30ミリ)の建具が、1分(3ミリ)間隔で走る納まりとなる。
 の場合は、7分(21ミリ)の溝に、3分(9ミリ)の島となる。
 溝の深さは、並仕事で2〜2.5ミリ、上等な仕事では1.5ミリ(5厘溝)とする。溝のなかは、かまぼこ型の凸型にすると、建具の動きが軽い。

参考=樋端(ひばた)
広告
TAKUMI Amazonへ