建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


地盤(改良)(じばん:かいりょう)
 地盤とは建物がのる土地のことだが、すべての荷重がかかるのは床付け面といって、地表からすこし掘り下げたところである。

 木造住宅の場合、関東ロームであれば、充分な地耐力をもっている。しかし、建築基準法が改正された結果、より厳しい要求が出てきた。
 木造住宅ではを打つまでもないので、地盤改良が行われるようになった。木造住宅に地盤改良をするのは、やや過剰設計のように感じるが、施工費がふえるので施工者は歓迎のようである。

 地盤改良には、部分的に改良する柱状改良と、地表面全体を改良する表層改良がある。

@ 柱状改良工法−セメント系凝固材を、地盤に注入しながら機械で混合撹拌して、支持地盤まで到達する強固な柱をつくる。おおむね2〜8メートルの深さを対象とする。

A 鋼管杭工法−直径10〜15センチ程度の、やや細い鋼管杭を埋め込んで、荷重を支持地盤につたえる。5〜10メートル程度の深さを対象とする。

B 表層改良工法−2メートル程度の地表面の軟弱な土と、セメント系凝固材を混ぜ合わせて、強固な地盤をつくる。
広告
TAKUMI Amazonへ