建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


敷き梁(しきばり)
 小屋を受けるために、桁行き方向に掛けられた梁のこと。中引き梁ともいう。敷桁と言うこともある。

 和小屋において梁間が広くて、1本の梁では届かない場合、小屋梁を継ぐことになる。その場合に継ぎ手部分の下に通して、上部の荷重を受けるために架け渡す梁のこと。
 
 和小屋では最大スパンは概ね2間(約3.6メートル)なので、これを超えたスパンを取るときには途中にを立てて、敷梁を掛けることになる。
広告
佐藤日出夫著「入母屋・寄せ棟の工法」から借用
TAKUMI Amazonへ