建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


敷地(しきち)
 建物がたつための土地のこと。

 土地の利用は駐車場や道路など様々な形でなされるが、建物の建築に関わる土地を、ひとまとまりのものとして捉え、1敷地と 見なしている。
 1敷地とは不動産登記法でい う1とも、所有権のおよぶ境界とも異なり、建築主が建物の ための土地として設定した境界内の土地のことである。そのため、数筆の土地を合筆しないままで1敷地とすることもあるし、1筆の土地を分筆せずに1敷地とすることもある。

 建築基準法は、1つの敷地に1つの建物しか建てることはできない、という原則をとっている。しかし、主屋と離れのように、用途上不可分であれば、同じ敷地に2つの建物を建築できる。
 また、敷地の細分化をふせぐために、100u以下の土地を建物の敷地にできない、などの規制もできはじめた。
広告
学芸出版社「建築基準法」から
TAKUMI Amazonへ