建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


座掘り(ざぼり)
 アンカーボルト羽子板(ボルト)ナット座金が、木材の面から飛び出さないように、木材を掘り込むこと。

 土台上端に床板などを張ろうとすると、ナットや座金が邪魔して、床板を平らに張ることができない。そこで、下の図のように、アンカーボルトの位置に事前に穴を掘っておく。これを座掘りという。

 カットスクリューという金具をつかうと、座掘りをしなくても土台の上端は平らになる。

 このときには、アンカーボルトの長さを調節して、基礎に埋め込んでおかないと、アンカーボルトの頭がでてしまうことになる。
広告
zabori
TAKUMI Amazonへ