建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


三角杭(さんかくくい)
 三角形の断面をした摩擦杭のこと。

 敷地地盤が悪い場合は、地盤改良をしたりを打ったりする。杭には、支持地盤まで杭をおろす支持杭と、土との摩擦に期待する摩擦杭がある。

 三角杭は錐状になった三角断面の節型杭で、節が地盤の摩擦力たかめ、杭の支持力を増加するように働く。また、節が荷重を杭の周囲につたえるために、杭と杭の側圧を高めることができる。

 主として鉄筋コンクリート造軒高が11メートル以下、かつ、3階以下の建物に使われることが多い。軟弱地盤に適しており、比較的安価である。サカモト三角杭が有名だった。

 支持杭と違って、おおむね1メートル位の杭間のため、面積あたりの本数が増え、掘削で出た土が場内に溢れてしまうことがある。 
広告
sankaku
写真は(株)YUEIのサイトから
TAKUMI Amazonへ