建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(さね)
 果実の中心にある堅い部分を実(さね)と呼び、転じて、継手の凸になる部分(下図の○印)をいう。

 凸状にして継ぐことを、一般に実継ぎという。

 下の図の上のように、凸部分を片方の部材から造り出すと、本実とか本実継ぎいう。また、印籠@とよばれることもある。

 下の図の下のように、両部材を凹にして、別部材をもって継ぐ時には、雇い実とか雇い実継ぎという。たんに雇いと言うこともある。

 実継ぎにすると、部材が縮んでも空かないので、合い釘などよりは高級な仕事である。 
広告
sane
TAKUMI Amazonへ