建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


残留応力(ざんりゅうおうりょく)
 鋼板を溶接すると、溶接部では融解状態になるが、溶接部から離れた部分は高温にはならない。溶接が終了して鋼材が冷却を始めると、溶接部付近は他の部分より遅れて冷却し収縮する。このとき、溶接部は収縮しようとしても、他の部分に拘束されて収縮することができないので、引張応力が残る。これを残留応力という。

 材料の許容応力を越えた場合、溶接部に割れが生じてしまうので、残留応力を少なくする配慮が必要である。
 溶接する以上、残留応力を発生させないことはできないが、溶接後、溶接部品を熱処理することによって残留応力の除去は可能である。
広告
TAKUMI Amazonへ