建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


晒し竹(さらしたけ)
白竹(しろたけ)
 晒し竹の作り方には、湿式乾式がある。

 湿式晒竹は真竹を水、苛性ソーダ、カルキの混合液の筒釜で煮沸する。竹から出るろう脂質とアカを布でふき取り、太陽光線に晒して乾燥後、曲がりを矯正したもので、白い竹である。このため白竹とも呼ばれている。通常、白竹と言った場合この湿式晒竹を指す。

 乾式晒竹は青い真竹を水洗いし、ガス等の火であぶり浮き出た油分をから拭きし、曲がりを矯正し天日干ししたもの。湿式の晒竹より少し茶色味がかっている。梅雨時に雨ざらしにしても、カビの心配が少なく竹垣に使われている。

 京都の方から、下記のようなご指摘があった。
白竹と晒竹の説明が、私の住んでいる京都、京銘竹のいう白竹とは違っています。白竹こそ火焙りで油塗抜きをします。
 滋賀県も同様で湯抜きで油をぬくことを晒竹と言います。
広告
TAKUMI Amazonへ