建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


下げ苧(さげお)
 左官の塗る壁材の一種で、木舞木摺りを下地にするとき、剥落防止や割れ防止のために入れる30センチくらいのシュロ縄もしくは麻ヒモのこと。下げ苧を取りつけるのは、下げ苧を打つという。

 布連散り切れを防止するものであるのに対して、下げ苧は全体の剥落防止や表面の割れ防止のために入れる。

 最近ではラス板下地や石膏ボード下地になったため、下げ苧を打つことはなくなった。 
広告
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ