建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


災害危険区域(さいがいきけんくいき)
 都道府県などの自治体は、さまざまな自然災害による危険の恐れがある区域を、災害危険区域と指定でき、災害危険区域に指定することで、その地域内の建築について細かな規制ができるようになる。

 土砂災害危険区域、急傾斜地崩壊危険区域()、水害危険区域などがあり、災害危険区域内には、住宅、共同住宅、老人ホームなど住宅系の建築物の建築を原則として禁止するところが多い。

 自治体は、随時、災害危険区域を新しく指定できるが、もし指定されたことで移転などの問題が起こった場合は、それに係わる経費について補助金が出る。
広告
TAKUMI Amazonへ