建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


残響(時間)(ざんきょう:じかん)
 部屋の音の響き具合を、残響という。

 残響時間が1秒とは、部屋のなかで音をだして、部屋の中に音が充満してから音を止めて、その音が60db減水するまで、1秒かかること。
 音楽観賞用のホールなどは残響時間は長いほうが良いが、声がはっきりと聞こえるには、残響時間は短いほうが良いとされる。居室などの残響時間を1秒以上にすると、話し声が聞きにくくなる。教室の残響時間は、0.7秒が理想とされている。
 
 響きのいい部屋をライブといい、響きの悪い部屋をデッドという。室内の仕上げ材と下地の組合わせで、残響時間を変えることが出来る。
広告
TAKUMI Amazonへ