建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


棹縁(天井)(さおぶち:てんじょう)
 25ミリ角くらいの細い木材を平行に渡した天井で、天井面にみえる細木を棹縁という。通常は、24×30くらいの角材を、縦長の成(背)に使う。

 棹緑の入れかたにはつぎのような原則がある.
@ 床の間のある部屋の場合は、床の間と平行の方向に入れる。また次の間は主の間にならう。

A 床の間と直角に棹縁を配した天井を、<差し天井>または<床差し>と呼び、不吉なものときれている。

B 廊下の棹縁は長手方向に入れる。

 なお、天井板の刃(=傍(側))は入り口側、つまり見返し方向に向けるのを定法とするが、見付き方向に向けることもある。
広告
TAKUMI Amazonへ