建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


剛性(率)(ごうせい:りつ)
 曲げなどの外力がかかった時に、変形しづらい強度のこと。

 単体の部材では一種の強度の意味で、部材の厚みを増せば、剛性は上がる。

 構造設計では、建物全体で剛性という場合があり、建物各階の強さを考えるが、各階の剛性を全階の剛性の平均で割った数字を、剛性率という。

 剛性に偏りがあると、剛性の低い部分や階に応力が集中して変形しやすい。そのため、各階の剛性率が一定値以上になるように建築基準法は要求している。

参考=偏芯(率)剛心
広告
 
 
TAKUMI Amazonへ