建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


腰張り(こしばり)
 腰とは壁の中間部分から下をいい、壁の下の部分に、上とは違う仕上げ材を張ることを腰張りという。

 和風であれば、下の写真のように土壁の下50センチくらいの部分に、和紙や布を張ることが多い。これは土壁の土が、擦られても落ちないようにするためのものだったが、現在の土壁にはボンドなどの接着剤を入れているため、単なるデザインとなった。

 洋風仕上げの壁では、床から90センチ〜1メートル程度上がった部分まで、板張りにすることがあり、これを腰張りとか腰で切り替えるとよぶ。

参考=幅木雑巾擦れ
広告
写真は<あーと襖工房>のブログから
TAKUMI Amazonへ