建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


勾殳玄(こうこげん)
 差し金をつ かった規矩術で用いられる言葉で、直角三角形の三辺を示す。
 勾は直角を挟む短いほうの辺をいい、 殳は長いほうの辺を、そして玄は直角に向かい合う辺をいう。鉤(こう)股(こ)弦(げん)とも書く。
 大工達はこれをもとにピタゴラスの定理や相似形を用いて、隅木など屋根廻りの部材に墨付けをした。 
広告
TAKUMI Amazonへ