建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


コールド ジョイント(こーるど じょいんと)

 コンクリート打設しているときに、前に打ち込まれたコンクリートの上に、30分程度の所定の時間を過ぎて、 コンクリートを重ねて流すと一体化せずに筋模様となること、もしくはその部分。
 下の写真の楕円で囲んだ部分。見かけ上は一体化しているが、コンクリートが切断されているので、漏水の原因になる。

 生コンのミキサー車の手配を準備よくすることによって、コールドジョイントになることは防げる。また、打設に時間を置いてしまったときには、重ねる生コンをすでに打った下の部分と、充分に撹拌すると継ぎ目を薄くできることがある。

 設計段階で計画的に設けられた、打継ぎ面とは異なるものである。上部と右側に直交する白矢印で示した線は、型枠の目違いである。

広告
TAKUMI Amazonへ