建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


小間返し(こまがえし)
背返し(せがえし)

 垂木や格子など、細長い部材を連続的に並べるときに、見込み寸法と同じ長さの間隔をあけて並べること。

 長方形断面の部材では、見込み寸法つまり長いほうをと呼ぶので、背返しともいう。木割によると、垂木の間隔は垂木の背の寸法とするのが定法で、定法に従った垂木割りを本繁割りという。また、垂木見付き×2+垂木を1支と呼び、木割りの基本とした。

 下の図で、背=見込みを垂木の間隔にとっている本繁割りと、小間返しは同じである。 

広告
小間返し=本繁割り
理工学社「建築用語辞典」から
TAKUMI Amazonへ