建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


固定荷重(こていかじゅう)
死加重(しかじゅう)
 建築物自体のもつ重さのことで、鉄やコンクリートに限らず、建物の荷重のうち、躯体仕上げ設備など、建物を構成し、移動しない荷重をいう。英語ではdead load。  

 すべての材が逃れらないことから、<死荷重>とも呼ぶ。

 構造計算では通常は下の図のように、建物に載る加重を問題にするが、建物の部材も重さをもっている。この重さは何も載せなくても発生しているので、固定荷重と呼ぶ。

 当然のことながら、木造がもっとも軽い。鉄骨造が次に軽く、鉄筋コンクリート造が一番重い。

 その中で暮らす人、家具、車など、移動できる加重は、積載荷重という。
広告
TAKUMI Amazonへ