建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


コーキング(こーきんぐ)

 防水や防塵のために、2材の隙間にはさむペースト状のノリ。

 チューブ容器に入っていて押出し機(俗にガンという)で、施工する樹脂性のもので、コーキングを打つという。
 シリコン系とウレタン系がある。シリコン系は塗装がのらない。固形のものをシーリングと呼ぶこともある。

 両側にマスキング テープをはり、接着を よくするために、コーキングを打つ面にシーラーを塗っ た上に、コーキングを打つ。また、三面接着にならないよ うに、底にはボンドブレーカーと呼ばれる絶縁材を張る。溝が深いときにはバックアップ材を入れて調節する。

参考=V(=U)カット

広告
ウレタン シリコーン
TAKUMI Amazonへ