建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


剛床(ごうゆか)

 通常の2階床は、二階根太を用いて2階の床板と、もしくは胴差とを結ぶが、この工法だと水平剛性は火打ち梁に負うことになる。そのため、床は構造耐力を負担しない。それに対して、24ミリ以上の厚い床板を直接に梁や胴差にうちつけて、火打ち梁を使わずに剛性をとった床を、剛床といって構造耐力を負担している。

 かつては胴差の上端が水平ではなかったので、二階根太で水平をとった。しかし、基礎の高性能化とプレカットの普及により、胴差上端が水平になりやすくなったので、二階根太を省いても施工できるようになった。
 剛床にすると、床の剛性は上がるが、床板が太鼓Aとなり、上階の床音が下に響きやすい。

広告
TAKUMI Amazonへ