建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


構造耐力(こうぞうたいりょく)
 建築物が力学的に耐えられる、最大限の荷重のことをいい、安全な構造であるために構造耐力の数倍を、設計上の想定荷重とする。

 建築物は、自重、積載荷重、積雪、風圧(力)土圧と水圧、ならびに地震その他の震動及び衛撃(=外力)に安全であるよう、建築基準法などに適合しなければならない。
 建築物の構造設計上、配慮すべき事項は下記の事項である。
1.・床・壁等を有効に配置して、建築物全体が安全なものとする。
2.水平カに耐えるよう、構造上の主要構造部を釣り合い配置する。
3.構造部材には、変形や震動が生じないように剛性をもたせ、瞬間的破壊が生じないよう靭性(じんせい)をもたせる。
広告
学芸出版社「建築基準法」から
TAKUMI Amazonへ