建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


経年変化(劣化)(けいねんへんか:れっか)
 年月がたつことによって、材や建物の様子が変わること。経年劣化ともいう。

 部材や道具などが疲労してきた状態をヤレといい、ヤレがきたなどという。

 月日がたつと性能が落ちたり、破損したりして、経年劣化してくるのが普通である。しかし、長い年月にわたって手入れをされた物は、深い艶などがでて味わいが増すものがある。

 賃貸借により部屋などを借りると、壁や床などが徐々に痛んでくる。これを経年変化といい、自然損耗とみなされている。そのため、店子に費用負担させることはできず、大家の負担となる。

参考=耐用年数
広告
 
TAKUMI Amazonへ