建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


建設業(法)(けんせつぎょう:ほう)
 建築工事の完成を請負う人、もしくは企業を建設業といい、彼らを対象とする法律を建設業法という。

 法人・個人を問わず、工事を請負う実態であっても、請負契約によるものでなければ建設業ではない。

 建設業法が許可の対象とする業種には28種類あるが、建築工事一式を請負う工務店、大工棟梁ゼネコンのみが建築主と契約する。他の左官鳶(職)設備屋などは、協力業者とよばれる下請である。

 大臣特定、知事特定、大臣一般、知事一般の4種類の許可があり、それぞれの許可によって請負金額や外注金額に制限がある。

 ただし、請負代金が1500万円未満、もしくは延床面積が150m2未満の木造住宅工事は許可が不要である。

参考=建築士(法)設計(事務所)
広告
 
TAKUMI Amazonへ