建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


乾燥(材)(かんそう:ざい)
KD材(けーでぃざい)
 
 水分を減らすことを乾燥といい、立木状態の木材から水分を減らしたものを乾燥材という。

 KD材とは、Kiln Dried の頭文字をとったもので、釜などにいれて人工乾燥させた材料のこと。自然乾燥はAir Dried の頭文字からAD材といわれる。 また、含水率50%をこえる未乾燥材は、グリーン材という。

 人工乾燥は木材の内部まで均質に乾燥するので、寸法精度はいいが脂分が抜けやすいので、艶のなくなる嫌いがある。自然乾燥は半年以上かかり、曲がりや割れがおきやすい。

 日本農林規格(JAS)は建築用針葉樹材 の乾燥度を、含水率25%以下をD25、20%以下をD20、15%以下をD15と分類している。構造材についてはともかく、造作材については15%以下程度を使うべきだろう。

 プレカットが普通になったことと、建築後に狂いの少ない材料を使ったほうが、クレームが減るためにKD材のような乾燥材を使うことが多い。 

参考=全乾比重
広告
TAKUMI Amazonへ