建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


建蔽率(けんぺいりつ)
 
 建築面積敷地面積にたいする割合のこと。建ペイ率と書くことが多い。

 敷地一杯に建物を建てさせずに、建物の周囲に空き地を残すことによって、快適な環境を保全することをめざしている。そのため、それぞれの用途地域によって異なった数値が、建築基準法第53条に決められている。

 角地は10%上乗せの緩和があり、近隣商業地域・商業地域でかつ防火地域内にある耐火構造の建築物は、敷地の100%に建築しても良い。

 建蔽率が50%ということは、建築面積と建物周囲の空き地が同じ面積だということである。10×10メートルの敷地では、建物の四周に1メートル程度の空き地をとった状態で、おおむね64%の建蔽率となる。

参考=ボリュームチェック
広告
TAKUMI Amazonへ