建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


検棹(竿)(けんざお)
 一軒の住宅建築の基準になる物差しである。
 細い角材を用いて住宅毎に現場でつくり、墨付けに使用する。検棹の4面には尺寸法以外に、各部の高さを記入しておき、工事中はそれが高さの物差しとなる。

 引渡し後も、小屋(裏)などに置いておき、増改築の際に使う。建物と同じ年齢を経ているため、同じ伸び縮みを経験している。
 プレカットになってしまったので、検棹は用いられなくななった。

 同義語=尺杖(しゃくづえ)
左は記号の意味   右が検棹
金竜堂「建築雛形」から
TAKUMI Amazonへ