建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


罫引き(けひき)
 木材の表面に傍(側)と平行な筋を付けたり、薄い木材を挽き割ったりする道具。
 
 筋を付けるケヒキを筋罫引きと言い、挽き割るほうは割罫引きという。割ケヒキのほうが頑丈にできている。中心を貫通する刃のついた棒を棹とよぶ。

 下の図は棹をで固定しているが、これは捻子(ねじ)が普及する前の形で、今ではネジ式のほうが多い。しかし、楔式であれば、刃だけ買ってくれば自作できる。

 ネットの中では、毛引きと書かれたものが多い。しかし、白罫きの刃を小さくして罫引きを作ったので、罫書く作業から転じて来たと思われる。そのため、毛引きは間違いだろう。

  より詳しくは、罫引きをクリックしてください。
広告
TAKUMI Amazonへ