建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


軽天(井)(けいてん:じょう)
LGS(えるじーえす)
 軽量鉄骨下地(LGS)で組まれた天井と、その下地のことを軽天井という。軽天ということが多い。

 LGSは(Light Gage Stud もしくは Light Gage Steel )の頭文字を集めたもので、2ミリ程度と肉の薄い鉄板に亜鉛鍍金(めっき)された、C型断面の鉄の棒である。

 木製の野縁に替えて、薄い金属をC型断面に加工したものを野縁につかい、天井スラブから吊ったもの。軽天屋とよばれる専門職がいる。

 LGSは間仕切り壁の下地としても使われ、軽鉄間仕切りともいわれ、50型(45×50)〜100型(45×100)まである。
間仕切り壁の下地として使われるときは、LGSではなくスタッド@と呼ばれることが多い。

 LGSは主として鉄筋コンクリート造や鉄骨造のビル建築に使われていたが、最近では木造住宅でも使われることがある。

参考=軽量鉄骨 
広告
TAKUMI Amazonへ