建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


軽量モルタル(けいりょうもるたる)
 モルタルは現場でセメントと水を混ぜて作るものです。一方、軽量モルタルは既調合の工業製品です。施工後にこれらを見分けることは専門家でも難しいのですが、建築基準法等では全く別物です。
 前者は「13モルタル」といい、基本的に現場でセメントと砂を容積比1:3で混ぜたものを呼び、後者は工業製品でサイディングと同じ扱いなのです。もちろん、前者もモルタルの定義があり、一定条件を満たさなければ防火構造扱いにはなりませんが、後者は基本的に既調合でメーカーの決められた施工法を厳守して施工する義務があります。

 パーライトのような不燃性の発泡系骨材であればまだ良いのですが、プラスチック系の発泡スチロールビーズなどを混入すると 軽くなってよいというのではなく、防火性能では問題になります。<軽量セメントモルタルのサイトから>
広告
TAKUMI Amazonへ