建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


ケイカル板(けいかるばん)
 ケイカル板とは「珪酸カルシウム板」の略称で、消石灰、珪藻土、石綿に水を混ぜて練り合わせてボード状にしたもの。

 ケイカル板は耐火性に優れ、 比重が軽いため、建築分野では幅広い用途で使われている。
 住宅では火を使うガス台廻りの下地や、軒天井などにつかわれる。白色の1820×910サイズの板状をしており、厚みは5、6、8、10、12とある。
 タイル下地(8ミリ以上)になったり、塗装仕上げの下地になるが、塗装下地の場合は、シーラーでの下地処理が必要である。
 5ミリの910×1820で¥600〜650、8ミリの910×1820で¥1、400〜1、500くらい。

参考=大平板フレキシブル・ボード
広告
NAラックス平板
TAKUMI Amazonへ