建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

木造住宅の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


蹴上げ(けあげ)
 階段の1段の高さのこと。

 段板上端から上端まで、つまり 踏み面から踏み面までの長さをはかり、蹴上げとする。住宅の蹴上げは建築基準法では230以下、踏み面は150以上と定められているが、これでは急すぎる。

 通常の木造住宅は、階高が2850〜2900だから、これを15段でのぼれば、190〜193となる。屋外の階段は、180くらいの蹴上げがのぼりやすい。
広告
TAKUMI Amazonへ