建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


区分所有(法)(くぶんしょゆう:ほう)
 共同住宅などにおいて、利用上・構造上で独立していると見なされる住戸を、全体の建物とは区分して所有権の対象とすること。

 マンションなどの共同住宅で、1住戸が界壁および床・天井スラブによって区切られ、かつ他の住戸を通らずに出入りできる構造の場合、区分所有法がその住戸を独立した家屋として扱うことができるとしている。
 昭和37年にできた「建物の区分所有等に関する法律(=区分所有法)」によって認められた。

 区分所有権がみとめられると、その住戸だけで売買の対象になる。
 区分所有権の及ぶ専有部分の範囲は、床・天井スラブと壁の芯までで、外側は他の住戸の所有となる。そのため、玄関扉の外側は共用部分である。 

参考=敷地権
広告
TAKUMI Amazonへ