建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


櫛引(仕上げ)(くしびき:しあげ)
櫛目引き(くしめびき)
 左官仕事で、漆喰などをで下塗り・上塗りとした後で、完全に乾く前に歯型のついた櫛目鏝で筋目を入れた仕上げのこと。

 モルタル塗りでは、下塗りと上塗りの付着をよくするためにもちいる。櫛目仕上げともいう。

 櫛目鏝には幅の狭い物から広いものまであり、珪藻土のように荒い目のものでは幅広、細かい素材の時には幅の狭いものが用いられることが多い。

 刷毛引きよりも粗い感じの仕上げである。

 一度平らにしたあとで、再度櫛形を引くので、ちょっと手間がかかる。
 コンクリートで仕上げた傾斜路などにも、滑り止めとして施工されることがある。
広告
TAKUMI Amazonへ