建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


杭頭(処理)(くいとう:しょり)
 杭の頂部を杭頭といい、地表すれすれにあることが多い。アースドリル工法によって現場で鉄筋コンクリート製の杭を施工するとき、トレミー管をつかって生コンを打設するが、最初に打設した部分はベントナイト溶液と混じってしまっている。そのため、杭の頂部を約1メートル程度ハツって、不純部分を除去する。これを杭頭処理という。

 杭頭処理をすると鉄筋が露出するので、この鉄 筋と地中梁の鉄筋を からめて基礎をつくる。その詳 細は設計図書によるが、必ずしも剛接合にするとは限らない。
広告
TAKUMI Amazonへ