建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


(くぎ)
(えぬくぎ)
 2つの部材を接合するための、頭が平らで反対側が尖っている細長い金属、玄翁などで叩いて木材などに打ち込んでつかう。

 明治以前には、鋼製の和釘が使われていたが、現在では鉄製の丸釘になり、しかも釘打ち機で打つことが多くなった。

 和釘は先へいくに従って細くなっているので、玄翁で叩いて打ち込むことはできない。和釘を打ち込むには、まず道穴を掘って釘をおさめ、最後のわずかな長さだけを叩いて打ち込む。

 丸釘でも短いものは玄翁で打ちきれるが、4寸(120ミリ)以上の長いものは道穴をつけてから、打ち込まないと曲がってしまう。
 
 木造住宅では、構造部材の接合をのぞき、釘がもっとも多用される接合方法であったが、最近では捻子(ネジ)が普及しつつある。通常、施工床面積1uあたり、0.45〜0.65Kgの釘を使う。

 通常の鉄釘はN釘と呼ばれ、長さをくわえてN25とか、N50、N75と記される。

参考=CN釘GN釘ZN釘SN釘竹釘木釘ねじ釘逆目釘
広告
釘打ち機
TAKUMI Amazonへ