建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


木負(きおい)
 
 社寺建築で地垂木と飛檐垂木のあいだに付く化粧材

 から直角に地垂木が出た先に、桁に平行にとりつくのが木負である。木負は地垂木のうえにのるため、地垂木は木負から吊られるようになる。

 木負から直角にでるのは飛檐垂木で、その先には茅負がのり、その上には裏甲がのって軒先を形作る。

 木負は軒が二軒(ふたのき)になっている場合に使う部材である。
 
広告
kioi
TAKUMI Amazonへ