建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


給水(きゅうすい)
 
 建物内に水を配る設備である。 

 給排水・衛生設備のうち、もっぱら水を各部屋にくばる設備を給水設備という。

 かつては鉄管、塩ビ管ライニング鋼管などが使われたので、直線、直角に配管した。最近では、架橋ポリエチレン管を使うようになったので、自由に曲げて配管できるようになった。

 鉄管をつかった配管の場合、長い間使わないと内部が錆びて、赤水が出ることがある。蛇口をしばらく流しっぱなしにしておくと、やがて赤水は止まる。
 赤水は人体に悪影響はないが、赤水が出るようになったら、給水管のライニング補修もしくは交換時期だろうか。 
広告
給水用配管

・ 硬質塩化ビニールライニング鋼管(VLP)−水道用亜鉛メッキ鋼管に硬質塩化ビニールをライニングしたもので、5〜60°程度で使用できる。
・ ステンレス鋼管(SUS、SSP)−軽量で耐食性にすぐれるが、高価である。
・ 硬質塩化ビニール管(VP or VU)−安価で、もっとも多く使われている。VPは肉厚管、VUは肉薄管である。
・ 耐衝撃性硬質塩化ビニール管(HI-VP)−塩ビ管よりも衝撃に強く、屋外配管に使用される。
・ 架橋ポリエチレン管(XPEP)−柔らかく自由に曲がる。−60°から 95°までつかえる。
・ ボリブデン管−樹脂パイプで施工性が良く、95°まで対応し、鞘管ヘッダー工法に使われている。
広告
TAKUMI Amazonへ