建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


木地(きじ)
 
 木材をなどで削っただけの状態。白木ともいう。

 木材を製材しただけでは、表面がザラザラして仕上がっているとは言えないが、表面を滑らかにした状態を木地という。また、木地仕上げとも言う。

 白木がなどの針葉樹系の白っぽい木に対して言うのに対して、木地は堅木に対していうことが多い。名栗仕上げになっていても、何も塗ってない状態は木地である。

 轆轤(ろくろ)などを用いて削りだした状態の物を、木地ともいい、その仕事とをする職人を木地師という。木地は塗り椀の下地になり、などを塗って仕上げる。 
広告
 
TAKUMI Amazonへ