建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


許容応力(度)(きょうようおうりょく:ど)
 
 許容応力とは、構造設計上の概念で、建築を構成する材料に生じる応力が、ある安全な値以下であるように決められた数値を言う。 

 建築など構造物に大きな荷重をかけると、ある限度を越えれぱ、材料は永久変形をおこしたり破壊してしまう。また、長時間にわたってくり返し荷重が作用することによって、疲労をおこして破壊することもある。
 
 破壊の限界を表す応力を基準応力と言い、許容応力は基準応力に安全率を加味して定められる。変形や破壊に至らない最大の許し得る応力を許容応力といい、構造計算上の限界点を許容応力度という。
広告
TAKUMI Amazonへ