建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


気乾含水率(きかんがんすいりつ)
 木材を雨にかからないようにして屋外に保存すると、長い時間をかけて、木材の含水率は15%程度に安定していく。これを気乾含水率といい、この状態の木材を気乾材という。

 木材は伐採されても、水分をたくさん含んでおり、徐々に水分を発散させていく。水分を保持している割合を含水率という。木材の重さが10Kgで水分が5Kgとすると、含水率は50%となる。

 通常使われる木材の含水率は、といった構造材では20〜25%くらい、化粧材では15%以下が用いられる。

参考=グリーン材
広告