建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


境界標(石)(きょうかいひょう:いし)
 
 敷地の境界点(または境界線)に埋設される標識のこと。

 コンクリート面には金属製のプレートを、土の場合にはコンクリート杭が使われる。金属製のプレートであっても、<石>と呼ばれ、むやみに撤去すると10万円の罰金刑(刑法262条の2)に該当する。
 境界標の矢印の先が境界ではなく、境界標の石が欠けていたりして判りにくいこともあるが、境界標そのものの角が境界点である。 
広告
矢印の先ではなくコンクリート杭の角が境界点
TAKUMI Amazonへ