建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


境界(きょうかい)
 一般に土地などの所有権の境目のことをいい、建築現場では敷地の区画を、境界とか境界線とよぶ。

 道路との境は道路境界線、隣地との境は隣地境界線という。所有権の境を境界といい、不動産登記法による登記された境を筆界というが、両者は一致することが多いが、必ずしも一致しないこともある。また、両者の概念は混同されていることも多い。境界は私人の合意で決めることができるが、筆界は登記によってしか決めることができない。

 擁壁の場合は、下が境界であることが多く、とくに間知(石)擁壁の場合は、根本から離れたところが境界であることが多い。境界を確定させたときには、境界(筆界)確認書を取り交わす。
広告
TAKUMI Amazonへ