建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


基本設計(きほんせっけい)
 
 建築を計画したときに、最初になされる設計作業で、建築主の要望や希望を聞きながら、建築計画の骨格を作る作業。

 建物を形にするために行う設計という作業には、基本設計と実施設計がある。計画された案やイメージが、敷地の上でどのような形になりうるかの検討作業を基本設計といい、計画する建築のほぼすべてが、基本設計で決まってしまう、と言っても過言ではない。

 基本設計では下記の設計図書が作成される。
1.仕様書仕上表
2.配置図
3.平面図(各階)
4.断面図
5.立面図(東南西北の各面)
6.概算見積書

 基本設計により建築物の概要が決まるので、もっとも大切な作業であり時間をかけて行う。図面などの成果物は少ないが、設計作業の約半分をしめる重要な仕事である。建築主にたいして提示するのも基本設計であり、優れた基本設計をつくるために設計者は血道を上げる。
 基本設計は設計作業の半分程度を占めるにもかかわらず、採用されないときは無償とされてしまうことが多い、悲劇的な作業である。
広告
TAKUMI Amazonへ