建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ

用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


被り厚(かぶりあつ)
 基礎躯体などの鉄筋コンクリートにおいて、鉄筋コンクリート表面からどれだけ離れているかを示す数字。たんに被りともいう。

 コンクリートはアルカリ性であるが、空気中の二酸化炭素と触れて徐々に中性化していく。その速度は、10年で10ミリといわれている。

 コンクリートの中性化により、鉄筋が錆びるのを防いでいた効果が低下するのを見越して、建築基準法施行令は鉄筋の表面から、コンクリートの表面までの数字を下記のように定めている。

 被り厚が少ないと、打設時にコンクリートが型枠の隅々まで廻らないことがある。
広告

耐力壁以外 耐力壁
壁・床 20ミリ 30ミリ
柱・梁 30ミリ
土に接する壁・柱・床      40ミリ
基礎                60ミリ
79条
着色部分の70ミリが被り厚
エクスナレッジ「建築知識」から
TAKUMI Amazonへ