建築用語集    タクミ ホームズ 提供 設計用語はこちら
建 築 用 語 集
一級建築士事務所
土地家屋調査士事務所
(株) 総合事務所

住宅建築の現場で使える用語集にするため、少しずつ手を入れています。お気づきのことがありましたら、是非ご指摘ください。
管理人へのメール

建築の設計監理は、(株)匠 総合事務所へどうぞ
用語の各ページに、貴社のバナー広告を出しませんか。
 詳しくはココをクリックしてください。

トップへ戻る


矩計(図)(かなばかり:ず)
 建築物の各部分の高さを、検棹に原寸で書いたものを、大工たちは矩計と呼んだ。矩計をもちいて、などの部材に墨付けをした。

 それから転じて、建物の標準的な高さ関係、納ま り仕様などを示す ために、先を含 む屋根か ら基礎までを詳細に描いた断面詳細図を、矩計図という。

 断面図が1/100〜1/200で描かれるのに対して、矩形図は詳細図でもあるので、縮尺は20分の1〜50分の1で描かれる。
 下図のように建物全体の断面を描かないこともある。下図のような矩計図を、棒矩(ぼうかな)と呼ぶ。棒矩で用は足りるが、やはり全断面の矩計図を描くべきだろう。
 木造住宅では、矩計図が断面図を兼ねることが多い。
広告
TAKUMI Amazonへ